無人航空機(ドローン)の飛行実績報告の方法

青森県八戸市の行政書士あらいです。
今回はドローンの飛行許可・承認をとったあとのお話です。
対象となる方は「飛行実績報告」が必須です!

飛行実績報告を行う対象者とは

国土交通大臣、各地方航空局長及び各空港事務所長による許可・承認を受けた方で
許可・承認期間が3ヶ月を超える包括申請により許可・承認を受けた方です。

包括申請とは…同一の申請者が一定期間内に反復して飛行を行う場合
       又は異なる複数の場所で飛行を行う場合の申請のこと。
       1年間を限度に日時と場所を指定せずに申請できる。

飛行実績報告の時期と期限

許可等の期間開始の日から
3ヶ月後の日、6ヶ月後の日、9ヶ月後の日及び許可等の期間終了の日のそれぞれから1ヶ月以内に飛行実績の報告書を
提出する必要があります。
※1年の包括申請の場合は4回報告しなければなりません。

飛行許可実績報告の例 ※1年の包括申請の場合

飛行実績の報告先とその方法

提出先は国土交通省ホームページの飛行実績の報告要領の「報告先、報告期限等」をご覧ください。

①飛行実績の報告書を作成する
国土交通省ホームページ「無人航空機の許可承認に基づく飛行実績報告書(様式)〔Excel形式〕」に入力します。
記入例はコチラ➡無人航空機の許可承認に基づく飛行実績報告書の記載例

※リンク先はすべて国土交通省ホームページです。
②①で作成した報告書を以下の3つの方法いずれかを用いて報告します
■メール
■郵送
■オンラインサービス(DIPS)
③提出
報告書等に修正があった場合には再提出しなければなりませんので、
メールかオンラインサービス(DIPS)での提出がお勧めです。

飛行実績報告書の中身と作成について

報告の方法が3つありますが
■郵送・メール
■郵送・メール・オンラインサービス(DIPS)共通
報告書の入力箇所が変わりますので、その部分と注意点を確認します!

郵送・メールでの報告

無人航空機の許可承認に基づく飛行実績報告書(様式)〔Excel形式〕1ページ目です。

1ページ目は許可証を確認しながら入力していきます。
※オンラインサービス(DIPS)での許可の申請をした方はこのページは入力の必要はありません。

郵送・メール・オンラインサービス(DIPS)報告共通

無人航空機の許可承認に基づく飛行実績報告書(様式)〔Excel形式〕の2ページ目【別紙1】です。
※この2枚目は飛行する度に入力の必要があります。

郵送・メール・オンラインサービス(DIPS)報告共通

無人航空機の許可承認に基づく飛行実績報告書(様式)〔Excel形式〕の3ページ目【別紙2】です。
エクセルのシートに広域図と詳細図を貼り付けます。

国土地理院ホームページから、飛行させる場所の住所を入力し、場所の広域と詳細(ズーム)をスクリーンショットなどで貼り付けします。

オンラインサービス(DIPS)での報告方法

2つのボタンがありますが、
左:飛行実績の報告(電子申請)➡オンラインサービス(DIPS)で飛行許可を取った方
右:飛行実績の報告(電子申請以外)➡オンラインサービス(DIPS)以外で許可を受けたが、報告書はDIPSでする場合
どちらかのボタンを押します。

オンラインサービス(DIPS)で飛行許可を取った方

添付情報に上記の飛行実績報告書で作成したファイルを添付します。
■飛行の日時
■飛行場所の地図
で分けて添付する必要がありますので、注意してください。

オンラインサービス(DIPS)以外で許可を受けた方

添付情報のファイルの添付の仕方は同じです。
飛行実績情報に、許可申請番号等を入力します。

まとめ

飛行実績報告書では、
■別紙1の飛行の日時
■別紙2の飛行場所の地図 の作成が慣れるまで大変かもしれません。

そして、この報告書は許可を取った機体それぞれに報告書が必要ですので、もし、許可を受けた日が別の日であればそれだけで報告書に追われてしまうことになります。

別紙1の飛行の日時については共有フォルダ等を使って飛行させた人が随時入力していくようにするとスムーズですね!



あらい行政書士事務所では飛行実績報告書も作成いたします。
※飛行実績報告書はオプションです。包括申請にセットでお申込みいただいた方限定となっておりますのでご了承ください。

飛行実績報告書(各回)5,000円
飛行実績報告書(全4回)15,000円【※一回分無料】

Follow me!