ドローン情報基盤システム(FISS)の義務化について

青森県八戸市のあらいです。
令和元年7月26日付けで、航空法に基づく許可・承認を受けて飛行を行う場合には、飛行前に飛行経路に係る他の無人航空機の飛行予定の情報等を飛行情報共有システムで確認するとともに、本システムに飛行予定の情報を入力することが義務となりました。

ドローン情報基盤システム(FISS)でなにができる?

・同じ空域を飛ぶ他の航空機・無人航空機の飛行計画を確認し、情報を共有することができます。
・飛行のルール等の確認ができます。

出典:国土交通省ホームページ


この利用案内ではFISSのアカウント作成から情報入力方法まで画像入りでマニュアル化してあります。
登録の際は必ず確認するようにしてください。

ドローン飛行までの流れ~義務化後はどう変わる?

手順③FISSでの入力が追加され、義務化されています。

①許可申請
②許可取得
③ドローン情報基盤システム(FISS)に飛行予定の情報を入力
DIPSでの許可申請をした場合にはDIPSでの情報と連携することができますので、非常に便利です。
農薬等の空中散布の際はコチラ↓を参照してください。
農薬等の空中散布の際の「飛行情報共有システム」(FISS)の入力方法:国土交通省
④飛行
⑤3か月に1回、飛行実績報告書の提出
詳しくはこちらのブログをご確認ください

まとめ

重要!

ドローンは許可を取っただけでは飛行させることができません。 必ず飛行前に飛行情報共有システムに登録してください。登録のない場合は航空法違反となりますので注意しましょう!

ドローン情報基盤システム(FISS)の登録の際、マニュアルが70ページあります。
それだけ詳細に記入されているものではありますが、慣れるまではちょっと大変かもしれません。

入力し忘れた!ということがないように注意しましょう!



あらい行政書士事務所ではドローン情報基盤システム(FISS)の登録のみの依頼も受け付けております。

ドローン情報基盤システム(FISS)の登録5,000円(税別)

Follow me!